« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

やっぱり派遣会社の営業はやりがいあるなー

今日はうれしいことが2つありました。

①先週お仕事スタートした派遣スタッフさんが本当に満足してお仕事をしていただいてます。

実はこのスタッフさんは某派遣会社(SS)にさんざん不誠実な対応をされたスタッフさんで、派遣システムに不信感を持ち始めていました。

でも今のお仕事が本当に楽しく、やりがいがあるみたいで良かったです。

②帰宅途中に事故された派遣スタッフさんが職場復帰されました。

先日事故されたスタッフさんが、今日から職場復帰されました。自分の担当させていただいているスタッフさんが、病気や事故で満足にお仕事できない状態だと、本当に気になります。

派遣先企業よりお仕事の受注をいただいたり、大きなお仕事を決めた時もやりがいはありますが、僕はやっぱり、いつも通り派遣スタッフさんが、元気に明るくお勤めしていただいている状況がいちばん満足ですね。

よーし、明日も頑張るよー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

派遣つながりの方のブログで下記のアンケートを見つけました。個人情報には配慮されているようですので、皆様にもお願いできればと思います。

★調査のテーマ:派遣社員の定着について


★調査の主旨:

私がこのテーマを研究してみようと思った理由は

5年間におよぶ私自身の派遣勤務の間はもちろん、

その後の生活のなかでも「なぜ派遣社員はすぐ辞めるのか」という

意見を多くの人たちから頻繁に聞いたことにあります。


確かに自分もあまり長く1社に勤務したことがなく、

なぜだろうと思いました。

反面、派遣社員は公的調査(厚生労働省ほか)では

雇用の安定性に強い不満を 示している(私もそうでした)

というデータが常にでてきます。

着地点は同じなのになぜ長期勤続に至らないのだろうということに突き当たり、

自分の経験から派遣社員として働きやすかった職場とそうでなかった職場

があったこと。 そしてそれは派遣社員をなぜやっているのかという事情と

大きくかかわりがあるのではないかと気づいたのです。

おそらく派遣先企業側はこの辺のところを理解しておらず、

また派遣社員はよその人という感覚からマネジメントをしていないと

いう側面もある ため、派遣という仕事に対する考え方や意識のズレ

のようなものがあると思っています。

そのあたりを派遣社員に対する意識調査であぶりだしたいと思い

アンケートを実施することにしました。

リサーチの目的は決して面白半分であったり、興味本位ではありません。

派遣労働は現在の雇用情勢を考えると今後、基幹的業務へ移行してい

く流れは止められないと思っています。そのときに派遣社員がより働

きやすい社会になっていないと、派遣で働く人々は、何のモチベーシ

ョンもないままに大きな責任と大量の仕事を背負わされることになる

ように思えます。私のこのリサーチが派遣社員にとってより望ましい

状況を踏み出す第一歩になれればとの思いです。


もし、以上のような主旨にご賛同いただけ、アンケートに協力できます!

という思いをもってくださったなら、下記のアドレスをご紹介いただけ

ませんでしょうか?


http://www.geocities.jp/happy529434b/haken_san_2.html


アンケートへはWEB上でお答えいただけるようになっております。

もちろん、無記名です。お答えいただいた内容は、統計的な処理をしますので

外部に漏れたりどこかへ転売するなどの不正使用は一切無いことをお約束します。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

派遣会社の営業としてつらいこと

この仕事に長く従事していると、周囲の環境が全て”ひと”なので、本当に色々なことがたくさんあり、毎日刺激的でたいくつすることもなく、少々のことににビクともしなくなります。

*派遣スタッフさんが無断で欠勤してたり、

*派遣先の担当者がセクハラまがいのことをしてきたり、

*呑みにいっても担当者か派遣スタッフさんに店で必ず会うし、

*(たまに)送り出した派遣スタッフと派遣先担当者がけんかしそうになったり

*逆に派遣スタッフさんと派遣先担当者がお付き合いしだしたり、

*(これもたまに)派遣スタッフさんに呑みに誘われたり、

というわけで、うれしいことも、しんどいことも馴れっこですが、今日のこの瞬間は一番ついらかったです。

それは、事前打ち合わせに来ていただいた派遣スタッフさんに不採用の通知をさせていただく瞬間です。

今まで数千件の打ち合わせと、採用・不採用の通知をしてきましたが、いまだにこの瞬間が一番緊張します。

今日はその不採用通知を1日に2件もしなくてはいけなかったのです。

本当にへこむ、つらい瞬間です。

なんとか他の営業にも声かけて、代わりの仕事が確保できるようします!!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

久しぶりの平日オフ

今日は久しぶりの平日オフです。

派遣スタッフさんよりのトラブルの連絡もなく、ゆったりしてます。

でも職業病でしょうか、こちらから来週の打ち合わせの電話を

自宅からしてしまってます。(><;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

派遣スタッフさんが緊張しますよ

今日も一週間間の始まり、6月より開始する派遣スタッフさんのお仕事の準備をしました。

その中で、お仕事のご依頼いただいた企業さんの環境に少しびっくりしました。

担当者

”OA事務のお仕事です。少しだけ社用車で○○にお使いに行っていただきます”

”お使いの行き先は○○ですね。お車はご用意いただけますか?”

担当者

”あっ、はい、会社の使っていただいて結構です。”

”オートマチック車ですか?マニュアル車ですか?”

担当者

”心配しなくてもオートマですよ。ベンツの”

”えっ!?ベンツですか?ベンツと言えばあのベンツですよね”

・・・、というわけで、ベンツでお使いのお仕事です。

普段なかなか乗れない車ですが、緊張しますよね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

振替と代休では大違い

以下、ライフプラン倶楽部様より引用させていただきました。

各社、百貨店の売上が低迷な時期にオレンジ百貨店外商は順調に売上を伸ばしています。ですから、多くの外商係員さんは、休日にもかかわらず出勤されているようです。

ある日、美枝さんが外商係員の藤井さんと社員食堂で食事をとっていると、藤井さんが「休日に出勤したから明日、振替で休みやねん!」と楽しそうに話をしていました。その後、休憩時間に食堂でコーヒーを飲んでいると、外商係員の岡田さんが美枝さんに話しかけていました。「最近、忙しくてね。この前の休日に会社に出たから、明日は代休で休むからね、よろしく!」
美枝さん「振替と代休て、何が違うんだろ…」と腕を組んで考え込んでしまいましたが、美枝さんのように、休日の振替と代休を混同されている方が結構多いようです。

まず、一般的に労働義務のない日を休日と呼んでいますが、労働基準法上では週1日の休み(法定休日)を指します。そして、藤井さんの場合(振替)とは、仕事の都合で休日に仕事をしてもらうために、前もって所定の休日(例えば日曜日)をその前後(例えば翌日の月曜日)に変更して、所定の休日を労働日にすることをいいます。

一方の岡田さんの場合(代休)とは、休日労働が行われたあとに、会社が代わりの休日を指定もしくは希望する日に休日を与えることをいいます。

では、振替と代休の違いですが、振替は本来の休日に働いても休日労働になりません。したがって、休日労働の割増賃金は支給されません。
逆に代休の場合は休日労働となり割増賃金の支給を受けることになります。ただし、代休日の賃金について就業規則で無給とされていると、割増分(35%)のみ所得となります。代休が有給(135%)か無給(35%)かで大きな差が出てきます。

現在就業中の派遣スタッフさんは、一度所属している派遣会社の就業規則を確認されたほうがいいでしょうあ。知らないと損しちゃいますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

派遣スタッフさんと情報漏洩について

み○○く銀行がやってしまいました。

顧客情報の一部の128万件の入ったCDの紛失。本当に恐ろしいことです。

僕たちは派遣スタッフさんに就業していただく前に、研修を受けていただくことにしてます。

と、いうのも、実は派遣スタッフは、正規社員よりも情報管理について、厳しい現実があります。

実は、派遣スタッフさんには

勤務している派遣先企業の規則や業界法

所属している派遣会社の就業規則や法規

の2つが適用されます。

もし何か問題が起これば、ダブルインパクトで、怒られます。実際は、怒られるだけでは済まないことも多く、懲戒解雇や、損害賠償の対象になることも考えられます。

現在、就業中の派遣スタッフさんは、今一度、上記内容を派遣先企業と派遣会社に確認されたほうが良いと思います。

知らなかったでは済まされませんから・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あっこさん書き込みありがとうございます。

あっこさん書き込みありがとうございます。

ご質問の新卒派遣の件についてお答えします。

まず基本的な部分ですが、派遣は新卒でもOKです。しかしシステムが少し派遣会社によって違いますのでご注意ください。

代表例

①通常の派遣と同様、有期雇用契約として、派遣にて長期に就業する。

②6ヶ月や、1年を目処に、紹介予定派遣のように派遣就業先に転籍する。

どちらにしても、新卒という状況ですと、とうぜん就業経験が無いわけですから、派遣スタッフさんのアピールポイントは、通常の派遣のスキルとは違い、ビジネスマナーがきちっと出来ているか、潜在的な能力(=やる気)を持ち合わせているかだと思います。

次に派遣会社の選ぶ際の注意点ですが、

①ビジネスマナー(有料の場合もあり)の講習のシステムがきちっとしているか。

②転籍を希望されるのであれば、先輩派遣スタッフさんが、今までどうような転籍先にいかれたのか(新卒派遣は5年ぐらい前から一般化してきました)

だと思います。

僕の知っている都市銀行は新卒行員の採用枠は、全て新卒派遣にて対応されています。

新卒派遣にかかわらず、派遣業界はやはり”寄らば大樹の陰”ということが多いので、大手派遣会社から探してみてください。

最期に夢を必ず実現しますので、諦めず頑張ってください!!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

ももさん書き込みありがとうございます

ももさん書き込みありがとうございます。

出張にでておりまして、お返事が遅くなり申し訳ございません。

少し長くなりますが、以下にお答えします。

しかし、なかなかよい条件の職場に巡りあえず、久しぶりにSSから紹介された仕事が私の条件にぴったりだったので面接に行き、働くことになってしまい、3ヶ月が経とうとしています。
でも社会保険にはまだ未加入ですし、色々と不安なこともでてきていて派遣会社が信頼できないのです。

3ヶ月経過後でまだ社会保険未加入とは不思議ですね。社会保険は①派遣先企業の社員の就業時間の概ね3/4以上の契約時間がある (例)社員9:00から18:00(休憩1時間) 稼働時間8時間  週5日勤務で40時間の3/4は30時間になります。

②2ヶ月と1日以上の雇用契約もしくは稼動実績がある。

①と②が揃って加入対象となる派遣会社が多いようです。                      

ご自身の契約内容はいかがでしょうか?もし①②をクリアされているのであれば、SSへ加入の意思表示をしてください。不誠実な対応であれば、最寄の社会保険事務所に相談されてもいいと思います。社会保険の加入については、派遣会社もコストがかかるため(簡単にいうと、派遣スタッフさんと派遣会社の折半と考えていただければわかり易いです)、嫌がる派遣会社もあります。

職場は働きやすい環境なので、できればそのまま働き続け、派遣会社を変えたいと思っていますが、そのような事はできるのでしょうか?
先に就業先へ派遣会社を変えたい旨話して、それから登録している別の派遣会社へ話をすればいいのか、悩んでいます。
現在の職場は派遣社員が二人しかいません。二人ともSSです。

⇒結論からいいますと、派遣先企業(就業先)を変えずに、派遣会社のみを変えることは可能です。

契約期間の区切りの時期の30日前に、派遣先企業へ相談し、他の派遣会社を探して再契約を申し入れてください。但し下記の点はご注意ください。

①有給休暇等の算定の基準となる稼働日数、または有給休暇自体は、雇用元(派遣会社)が変わると、引き継げないため、消滅すると考えてください。でも心配無用です。通常であれば約6ヶ月後に再度取得できます。

②あくまで契約期間の節目がねらい目です。3ヶ月とか6ヶ月更新の時期です。

③もうお一人の派遣スタッフさんもお誘いされてはいかがでしょう。

以上になります。

僕も年間数件は同じような案件をお引き受けすることがありますが、あまり大きなトラブルなく、転籍いただくことが多いです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

落ち着いた日でした

非常に落ち着いた一週間のスタートの日でした。

特に大きな問題もなく、派遣スタッフさん、企業さんとの打ち合わせも順調でした。

ただ、こういう時にこそ、普段の派遣のオペレーションが本当に派遣スタッフさんや企業さんにとって、良いものかを考える絶好のタイミングである。

色々と改善をしていきたいことは多くあるが、時間とお金の問題もあり、優先順位をつけなくてはいけない。

僕の最近のテーマはいかに派遣システムを魅力的にするかである。                           

つまり派遣会社に登録すれば、お仕事の紹介はもちろんのこと、こんな特典が多くあるといったぐあいである。

たとえば、旅行が安くなるとか、スキルアップのコースが割引されるとか、はたまた近くの有名なケーキ屋さんのケーキが安く買えるかとか。

大げさな言い方をすれば、福利厚生面の充実であり、ライフサポートである。

この部分の充実なしには派遣スタッフさんに本当に安心して、派遣登録をしていただけない気がする。

皆さんもこんなサービスがあればいいとか、ご意見があれば教えてください。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

人材派遣健康保険組合について

皆さんは人材派遣健康保険組合(通称:はけんけんぽ)という組合をご存知でしょうか?

この組合は平成14年5月に設立された全国305の事業所、被保険者300,959人(平成17年3月現在)
が加入している派遣会社の従業員と、派遣スタッフさんのための総合健康保険組合です。

終身雇用を前提とした一般の健康保険組合とは異なり以下の点が特徴です。

保険証がカード型である

任意継続制度に特例期間がある

同一派遣元のと使用関係の継続が認められるケースがある

IT活用の敏速安全な運営システムである

http://www.haken-kenpo.com/


基本的は保険サービスに加え、健康診断の受診や、フィットネスクラブへの補助、カフェテリアポイントの付与など特典は多いと思います。

ちなみに僕はカフェテリアで、体重体組成計を注文しました。(来るのが楽しみです)

僕はこの組合を宣伝するわけではないですが、快適な生活をおくるには、職場環境や人間関係、
それに月々お給与はもちろん大切ですが、このような福利厚生面も大切だと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

おそるべし検索エンジン

それとなく、yahooとgoggleで派遣ブログとふたつのキーワード
を入れて検索したところ、

なんとyahooでは1番目に、goggleでは6番目にランクされてました。

もともと、外を汗かきながら営業するのが得意なアナログ人間ですので、
この結果には正直驚きました。

こんな素人ブログですいません (><)/

これもきっと、多くの方が見にきて頂いたおかげであると思います。

本当にありがとうございます。これからも、宜しくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GW明け1週間は無事に終了

ゴールデンウィーク明け1週間はなんとか無事に終了しました。

体力的にはいきなり1週間は、きつかったけど、担当している派遣
スタッフさんに、おおきなトラブルがなくてよかったです。

ちなみに、先日のスタッフさんのお仕事は弊社にて、決まりました。
本当に良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

がみさん書き込みありがとうございます

がみさん書き込みありがとうございます。

ご指摘のフォローの部分は派遣営業マンの腕の見せ所だと思います。

おっしゃるとおり、会いにくること以外にも、電話なりメールなり手書きなり
方法はいろいろあると思います。

がみさんの契約先ではおそらく派遣先企業の派遣に対する評価は高くないと思います。

派遣スタッフさんが頑張っていただいているのに、派遣会社が評価を下げるのは
あってはならないことだと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

なつみさんへのお返事です

なつみさん、書き込みありがとうございます。

まずは内定おめでとうございます。この就職難の時代のこの時期に内定が獲得できることはすばらしいことだと思います。
なつみさんの一生の大半を決める最初の就職先ですから、包み隠さず、率直に意見させていただきますので、内容に不快は表現があるようでしたら、ご了承ください。

さて本題のSSの件ですが、なつみさんが、どういう理由で会社を選びどういう理由で派遣業界を目指されていたかがポイントだと思います。

以下に考え方をまとめます。

●なにがなんでも売上げ規模が業界でトップの会社に入社したい
●あまり長期的に働く会社とは考えていない(寿退社まで)
●おなじ業界の人に後ろ指さされても、自分は自分である
●派遣スタッフさんは仕事の道具であり、商品である

⇒SSへ入社されることをお勧めします。

○売上げ規模に問わず、品質の良い会社に入社したい
○長期的に人材ビジネスに関わっていたい
○派遣業界で胸をはって仕事したい
○派遣スタッフさんは、派遣会社の財産である

⇒SSへの入社は見送られるほうがいいでしょう。


このような書き方をすると、答えは自ずと出てくるように思えますが、せっかく苦労して獲得
された内定ですから、十分に考えてください。

SSは、間違いなくこれからも売上げ規模は業界1位が数年続きますが、間違いなく品質が業界最悪も数年続きます。


この内容を見られて不明な点等ありましたら、何度でも同じ内容でもいいので、書き込みしてください。

同じ業界を目指す可愛い後輩の相談にはいつでも乗らせていただきます。

ただ明日から通常業務がありますので、お返事がすぐに書き込めないこともありますので、お許しください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

派遣スタッフさんは派遣会社にとって大切な財産です

昨日5/7の記事のスタッフさんに、弊社よりのお仕事をご紹介させていただくことにしました。

詳細な打ち合わせは、明日以降ですが、技術スキルやお人柄からして、まず間違いなく決まると
思います。

SSのような対応をしていると、本当に有能なスタッフさんが、派遣業界から去ってしまい、業界の
評判がわるくなるのが一番怖いですし、腹立たしいです。
他派遣会社の成績がわるくなることは知ったことではないですが・・・、業界としてのロスだと思います。

今回のスタッフさんもまだ、派遣に対しての抵抗感やマイナスのイメージがぬぐいきれていない
と思うので、業界の汚名返上のため、頑張ります!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

またしてもSSがやりやがった(怒)

仕事のコメントをひとつ、またSSがやりやがった。
本当にここの営業はいかん、全く派遣スタッフさんのことを考えていない。

同じ業界で働くものとして恥ずかしい限りです。

皆さんにこの会社のことをよーく知ってもらうために、以下にポイントをのせます。


①地元でも優良派遣先企業の、とある部署(現在3社で6名派遣中)

②SSのスタッフさんが、担当営業(曲者!!)に業務内容が合わず、体調を壊して
  いるとの相談をする。

③担当営業は、全く親身に相談にはのってくれず、ほぼ放置状態。
 ちなみに就業中のフォローは3ヶ月で1回のみ。
 
④スタッフさんは心身ともに疲れはて、医者よりの薬の量が増える。

⑤スタッフさんが、僕の担当スタッフさんに相談。

⑥僕がそのスタッフさんと業務終了後、面談。
 (所属している派遣会社ではないですが、困っている派遣スタッフさんは
  そのままにしておけません。)

⑦体調を著しく壊し、また派遣先の環境面の改善が困難なため、退職するようアドバイス。
  僕はこの部署を7年担当してますので、内情は手に取るよう分かります。

⑧そのスタッフさんから、曲者営業へ連絡、不在であったため、コーディネータへ退職の旨伝え
  、折り返しの電話を依頼する。

⑨なんと折り返しの電話があったのが、3日後。どういうこと?

⑩出勤最終日、業務終了の挨拶もなく、社会保険のことなどの事務連絡の説明も無し。


本当にどうかしてるよ、ここの営業は!!

僕のブログでは以前は実会社名出さずに、書いてましたが、もう我慢できないです。

普通であれば、自社のスタッフさんの相談ごとは、派遣会社の営業として、もっともプライオリティー
を高くしなくていけない業務です。

普段、スタッフさんが業務をがんばってくれているのから、派遣会社が成り立っていて、派遣スタッフ
さんは派遣会社の大切な財産であり、仲間なのです。

それなのに、相談には乗らない、ましてや、退職の電話の折り返しは3日後って。

この会社の全ての担当がそうではないかもしれないが、最近特に地元で耳にします。

派遣業界で働くことを目指している方、派遣スタッフとして就業することを考えている方、本当に
この会社には引っかからないでください。お願いします。

テレビCMが多く流れていたり、求職雑誌に多く掲載しているのは、良い会社だからではなく、
スタッフさんが、1度ここで就業すると、もう2度と就業したくないと、思うからなのです。


| | Comments (7) | TrackBack (0)

気分も新たにデザイン変更してみました

久しぶりの更新です。

懸案の花粉症も治まり、気持ち新たにということで、デザインなど変えてみました。

このデザインを選んだ理由は、単純に僕が子ども好きだからです。

派遣業界辞めたら、きっと子ども関係の仕事に就くと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »