« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

スタンドアップを観ました

northcountry 私なんか、と何度も思った。

お前なんか、と何度も言われた。

それでも、立ち上がってみようと思った。

スタンドアップ公式サイト

このタイトルに惹かれて、今日、スタンドアップを観ました。

正直、感動し、涙しました。  かなり良い映画です。

男性社会の根深さや、セクハラ問題にひとり立ち向かう、シングルマザーのひたむきさを見ていると勇気が沸いてきます。

ぜひに、派遣先で悩みを抱えている派遣スタッフさんや、派遣先企業よりいつも無理難題を言われている派遣会社営業マンにも観ていただきたい。

ちなみに原作は、集団訴訟 セクハラと闘った女たち (竹書房文庫)です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

人材育成セミナーのご案内

(社)日本人材派遣協会の取り組みで、興味深いセミナーを見つけました。

人材育成セミナー開催のご案内

労働市場の雇用の安定と、人材の円滑な移動の実現を目的に開催されます。

全国の6箇所で1月から3月までの間に、順次開催されます。

派遣スタッフさんをフォローさせていただく、僕達、派遣会社にとっては、きっと役に立つ内容ですので、僕も参加してみようと思います。

また結果は改めてご報告します。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

garden2005さんへのお返事です

garden2005さんよりご質問をいただきました。ありがとうございます。

ステップアップを図るために、転職をされるということですが、非常にすばらしいことだと思います。

ネットの求人に対しての派遣会社の対応の仕方についてのご質問ですが、まずネット求人についてご説明させていただきます。

派遣会社にとってネットの求人は

*掲載費用が安い(派遣会社が運営している自社運営サイトであれば、無料)

*多くの派遣スタッフに見ていただくことが出来る

*掲載に係る手間・準備、紙媒体(新聞、雑誌など)が少ない

*タイムリーに掲載できる

との理由から、どの派遣会社も力をいれていると思います。

そのような状況で、実際に掲載されているお仕事の案件が、

①本当に求人目的で掲載されている

 (本来は全件こうでないといけないのですが、実際は違うこともあるようです)

②単に派遣会社のPRのための掲載である(=釣り物件ともいいます)

の見極めが大切だと思います。

といっても、実際は見極めるのは非常に困難ですが・・・。

解決方法として、

根気良く、1件でも多くのお仕事にエントリーする

比較的大手の信頼できるネット、派遣会社のお仕事にエントリーする

お断りされた時の理由について、明確な理由を派遣会社に尋ねる

の地道な行動が必要だと思います。

これからの時期、特に2月は、年間でもお仕事が多く出てくる時期ですので、諦めず頑張ってくださいね。

応援してます。またご質問などありましたら、ご連絡をお待ちしてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちんちろさんへ

残念な結果でしたね。

応援させて頂いてましたので、悔しいです。

でも大丈夫です!!きっと良いお仕事が見つかりますよ!!

気休めでも何でもなく、僕の経験上、

ご自身がどういったスキルを持っていて、どういったスキルを持っていないので身につけないといけない

ということを理解されている派遣スタッフさんは比較的早く就業できるよう思います。

自分を振った会社はその程度、と気持ちを切り替えて、頑張っていきましょう!!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ちんちろさんへのお返事です

派遣会社から希望のお仕事の紹介を受けている途中の、ちんちろさんよりご質問をいただきました。ありがとうございます。

どうしても就業したいお仕事に出会われたことは、非常に喜ばしいことですね。

何とかこのチャンスを大切に使っていただきたいと思います。

このあと、アドバイス差し上げますが、ご質問の文面だけでは、○ソナと、対象の派遣先企業の力関係や、お付き合い具合の詳細がわかりませんので、僕の主観も含めて、あくまで参考ということでご承知おきください。

まず金額の問題ですが、以下のとおりの状況ではないかと思います。

①派遣先企業よりいただく派遣料金は、大原則、職種(お仕事の内容)により決定する。

②もちろん派遣スタッフさんのお給与も職種(お仕事内容)により決定する。

③既に派遣されているスタッフさんがいるのであれば、その方々のお時間給が目安にあることがほとんどで、個別の交渉は難しい(たとえ低い料金であっても)。

④○ソナをはじめ、派遣会社には、料金に関して、厳しく社内のルールがある。

⇒料金の交渉だけによる、お仕事の確保は困難ではないでしょうか。

 併せて言いますと、お給与の金額が100円違っているからといって、○ソナの派遣先企業への請求も100円違っているとは限りません。

むしろ、ちんちろさんのスキルが派遣先企業の要望に足りていないということであれば、

どのスキルが足りていて、どのスキルが不足しているか?

いつまでにそのスキルを習得すればいいのか?

サポートできる体制(講座受講など)が○ソナや派遣先企業にあるか?

あなたがどれくらいその業務にこだわっているか?

というようなことを具体的に、○ソナに相談されたほうがいいと思います。

気弱にならず、担当営業さんにご連絡されて、まだ電話のみのやり取りであれば、一度、営業さんと面談されてはいかがでしょうか?

今日は日曜日ですので、明日の朝イチに○ソナにご連絡をされたほうがいいと思います。

それと、派遣会社では最近は、競合は当たり前のことになっています。

3社競合とのことですが、残りの2社とも派遣スタッフさんを人選できるとは限りませんので、自信をもっていきましょう!!

また結果教えてくださいね。頑張ってください。

  

| | Comments (7) | TrackBack (0)

はくさんへのお返事です

はくさんからたいへん嬉しいご質問をいただきました。

まずは、ご質問から。

派遣業界を志していただけることは、本当にうれしいことです。

このブログは本音トークが基本ですので、派遣会社の仕事内容を赤裸々にお伝えします。

業務内容は大きく

①外勤営業

②内勤コーディネーター

③管理関係

の3つに分かれます。

会社によって表現方法は若干違いますが、

①は文字通り外回りで、大前提として法人営業です。新規飛び込み、既存のお客様のフォロー、書類作成、クレーム処理などがあります。

(派遣スタッフさんのミステイクで自分が怒られることもあります・・・。)

②は内勤さんですが、事務のみの業務ではなく、派遣スタッフさんとの面談・登録業務、外勤営業が受注した案件の人選業務がメインです。

(電話で派遣スタッフさんのフォローをします。顔が見えないぶん難しいです)

③は人事や総務、業務系の管理などです。

③以外の①、②ともに派遣先企業、派遣スタッフさんとダイレクトに接することが出来るやりがいの有る業務です。(会社によっては①+②というところもあります)

但し注意しないといけないことが、

派遣会社の仕事は、派遣スタッフさんのお仕事のお世話をする。

ということです。

物を売っている営業さんとは違って、生活の一部であるお仕事を取り扱うので、常に緊張感を持たなければなりません。

営業のミスで、派遣スタッフさんの生活が立ち行かなくなることもあります。

以上のような業務内容・気持ちで臨まないといけない、派遣会社の業務に向いている人は、

世話好きで、人と接することが好きな方

が向いていると思います。

常に派遣スタッフさんや企業のことを考え、行動することが大切です。

あと付け加えるとすれば、会社の体質が

派遣スタッフさん>派遣先企業であって

派遣スタッフさん<派遣先企業でない

会社を選ぶべきです。

派遣スタッフさんを単なる労働の商品としか見ていない会社では、働いている側の気持ちが疲弊してしまうと思います。

長くなってしまいまいましたが、本当に頑張ってくださいね、応援してます。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

皆さんのご協力をすこしだけお願いします

*本日は派遣関係の記事ではございませんので、ご了承ください。

以前の記事にも書きましたが、僕はこの仕事をしていなければ、保育士さんになっていたと思います。

子どもが大好きで、話をしていて、接してあの瞳をみているだけで、”頑張らないと”とのパワーをもらえます。

そのような思いの中、今日、渡邊さんのブログで、ななみちゃんのことを知りました。

詳細はこちら:ななみちゃんを救う会

まだ生まれて半年しかたっていない赤ちゃんが、とても大きな病気と戦っています。

2月末までに生きている可能性は1%未満とも言われてます。

僕も微力ですが、少しだけでも協力をしたいと思いましたので、まず記事として取り上げさせていただきました。

このブログにいつもお越しいただいている派遣スタッフさんや。派遣業界の方々にもぜひお力をいただきたく思います。

勝手を申し上げますが、ご協力をお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪神大震災から11年

阪神大震災から早いもので11年が経ちました。

当時、僕は神戸の大学に通っていましたので、本当にあの日のことは、昨日ことのように覚えてます。

大きく傾いたマンション、崩れ去った高速道路、本当に惨状でした。

ちょうど時期が時期でしたので、学期末の試験は全て中止で、その代わりに炊き出しや運搬のボランティアに行きました。

社会人になって、会社の先輩から聞いた話ですが、多くの企業が、神戸の支店を閉めて、大阪などの近隣の支店に統合され、派遣スタッフさんのご契約も中途で解除された案件も少なくなかったと。

また、その派遣スタッフさんには、優先的に別のお仕事を紹介させていただき、非常に感謝されたことも聞いております。

何かアクシデントがあった時こそ、派遣スタッフさんから頼りにされる営業でいたい思います。

神戸は空港も来月オープンしますので、頑張れ神戸!!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

はけんけんぽ

はけんけんぽに加入されている方には1月上旬に、a-tempoのDMがご自宅に届いていると思います。

僕も普段は実は、そんなに見ませんが、今回はなぜかじっくり見てみました。

ゆっくりと見てみると、これがなかなか面白い。

保険の継続のことや、常備薬の申し込みのことなどの良い情報が掲載されてました。

普段、派遣スタッフさんからよく質問を受けることです。

特に、常備薬の申し込みは、2005年度の最終締め切りが、3月15日必着ですので、忘れないよう申し込みしましょう。

毎月多くの保険料引かれているのですからね。

| | Comments (11) | TrackBack (1)

派遣先企業の見極めについて

3月末が近づくにつれて、派遣スタッフさんの交代という案件が出てきます。

派遣契約は通常、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月という3の倍数の更新月が多く、派遣先企業の会計年度にあわせて設定されてます。

ですので、必然的に3月から4月にかけては多くの契約更新案件があります。

交代の理由は、派遣スタッフさんからの申し入れ、派遣先企業からの申し入れと色々とありますが、最終的には僕達派遣元の派遣会社が判断させていただきます。

そのときに僕がいつも派遣契約を継続するか否かの決め手にするポイントがあります。

その派遣先企業さんに、自分の奥さんや恋人を派遣することができるかです。

要するに、自分の大切な人を派遣することが出来る派遣先か、どうかということです。

僕達は派遣スタッフさんにお仕事をご紹介するという大きな責任がありますので、中途半端なことだけはしたくないですね。

| | Comments (19) | TrackBack (2)

営業の3意とは

先日、社内の尊敬している先輩より、下記の言葉を教えていただきました。

★熱意・・・派遣スタッフさんには情熱を持って接すること

★誠意・・・派遣スタッフさんには誠意を持って接すること

★創意・・・常に派遣スタッフさんへのサービスの質の向上を図ること

派遣会社で働くものとして、忘れてはいけない気持ちだと思います。

よーし、明日からも頑張るぞー!!

| | Comments (6) | TrackBack (2)

新しい仲間が増えることは嬉しいことです

ESTEEさんという、新米コーディネーターさんよりコメント頂きました。

ありがとうございました。

派遣業界に新しい仲間が増えることは嬉しいことです。

おせっかいかもしれませんが、派遣業界の少し先輩(といっても06年で10年目選手ですが・・・)としてアドバイス差し上げます。

派遣業界で働くうえで大切なことは、

知識や資格を持つのではなく、派遣スタッフさんを大切にする気持ちをもつことです。

これが分かっているいるようで意外に難しいです。

派遣スタッフさんは、派遣先企業で孤軍奮闘してお勤めいただいてますので、応援してあげれるのは、僕達、派遣会社だけなのです。

時には派遣先企業の意向より、派遣スタッフさんの気持ちを優先することもあります。 

(僕は頻繁にそうですが・・・)

これから多くのことにぶつかっていくと思いますが、頑張ってくださいね。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

求人依頼が増えてきました

年度末を前にして、求人依頼が増えてきました。非常に有難いことです。

この年度末は一年を通じて一番依頼増える時期ですので、派遣スタッフさんにとって転職するチャンスの時期になります。

但し、注意しないといけないのが、ひとつあります。年度末に就職活動をされたことのある派遣スタッフさんであれば、ご理解いただけると思いますが、

業務開始時期(=入社日)です。

年度末の業務は、新年度の4月より開始する業務が多いのですが、実は、3月から開始する案件も多くあります。

理由は申し送り・引継ぎがあるからです。

通常申し送り・引継ぎは2週間から1ヶ月の期間が多いため、3月末退社の方の後任求人は3月から開始されるわけです。

ですので、採用活動は2月中に完了されるわけです。

ということは連休を明けると、必然的に、残り期間は1.5ヶ月しかありません。

焦る必要はありませんが、転職をお考えの派遣スタッフさんは、少し早めにお正月気分から復帰され、アンテナを立てて、行動されたほうがいいでしょう。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

女性派遣スタッフ向けのブログ発見しました

女性派遣スタッフにうってつけのお洒落なブログを見つけました。

GIRLSBLOG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日より仕事初めです

本日より2006年の仕事初めでした。

ゆっくりとしたペースで流れるかなと思いきや、

派遣先企業さんより”急ぎの求人お願い” や

派遣スタッフさんより”年末のタイムカードFAXし忘れました”

などの電話が、待ってましたと言わんばかりに、あっちからも

こっちからもかかってきました。

少しバタバタしましたが、忙しいのが性分に合っている

ので、これはこれで、正直嬉しかったですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

派遣スタッフさんの為の正社員登用マニュアルを入手しました

正月の休みを利用して、このマニュアルを読みました。

派遣スタッフ正社員登用マニュアル

派遣会社としては耳の痛い話がたくさん載っているとの意見もあるかとは思いますが、現実を見るという意味では一読の価値があると思います。

ぜひに多くの派遣会社の従業員さんと、派遣スタッフさんに読んでいただきたいと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

日本ブログ大賞2006に応募してみました

現在、日本ブログ大賞2006というイベントが開催されています。

僕も、どこまでこのブログが読まれているか、チャレンジするためにビジネスブログ部門に応募してみました。

日本ブログ大賞2006では、ビジネスやデザイン、イラストといった14部門からひとつの部門にエントリーします。

応募締め切りは2006年2月14日までになります。

大賞に選ばれると、2006年3月下旬に、インプレス社から発刊される「みんなのブログVol.7」に掲載されます。

当ブログは、派遣や雇用の部門がなかったため、ビジネス部門にエントリーしました。

よろしければ、このブログに一票をいれていただければ幸いです。

宜しくおねがいいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

初詣

これから家族で初詣に行ってきます。

神様への願い事はもちろん、

派遣スタッフさんが、派遣で働いていることに誇りを持てるサービスを、派遣会社営業マンとして提供すること

です。

新年の抱負?  決意表明?  熱過ぎ?

新年ということで大目にみてやってください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

クリスタルがやりやがった

いきなりこのようなニュースをネット上で発見しました。(yahooニュース・毎日新聞)

(あまりにも悪質な内容なので、実名でいきます)

おい、クリスタル!!

どうなってんの?

ほんま頼むでー!!

グループの売上げ規模が世界第5位か知らんけど、こんなことしていたらアカンで。

(すいません、興奮してつい、関西弁が出てしまいました)

僕はこのニュースをみて、クリスタルが業務停止や行政指導になろうと、なかろうと、どうでもいいですけれど、何よりも悔しいのが、

高い志を持って派遣で働いている方々の派遣に持つイメージが悪くなる

ことです。

現在、クリスタルが取り組んでいるという法令順守についても、行政サイドは具体的な内容を報告させるべきです。

同じことが繰り返されるようであれば、派遣ライセンスの資格剥奪をすべきです。

実名で、かなり厳しく書きましたが、本当にこのようなことが繰り返されないことを切に願います。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

いよいよ2006年がオープンしました。

今年も派遣スタッフさんの関係する法改正やニュース、事件が、良いことも悪いことも多くあると思います。

一人でも多くの派遣スタッフさんが、少しでも安心してお勤めできるよう、

派遣スタッフさんを支え、応援し続ける

を抱負に今年も邁進します。

皆様、つたないブログですが、本年も宜しくお願い致します。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »